ブログ村
にほんブログ村に参加中です。 やる気につながりますので是非一票をお願いします。 にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ
お願いしまーす。
EV全般

日産リーフ(24kWh)で岡山から長距離ドライブをしようとした話  低価格な充電スポットが鍵

最初に

私の日産リーフ(24kWh)は日産と三菱が共同で開発した「サクラ」と「eKクロスEV」と同じくらいの走行距離になるぐらいにバッテリーが劣化しているので、これからEV軽自動車を検討している方には参考になるはずです。

created by Rinker
カーメイト(CARMATE)
¥541
(2022/06/25 16:40:22時点 Amazon調べ-詳細)

日産リーフで長距離ドライブに行くことにしました。

本当は岡山から始発の普通列車に乗って大阪まで大阪まで遊びに行く予定だったんですが、アラームのセットミスで寝坊をしてしまったあげくに10時頃に駅に向かおうと家を出たのはいいのですが、外に出た瞬間に暑くなりそうだったのと萎えてしまっていたので予定を変更して日産リーフで遠出をすることにしました。
とりあえず、神戸の方面に向かおうと無計画で出発することにしました。途中でいろいろなところに寄り道しながら移動したのもあり姫路あたりで50%を切ったので無料で充電できるかもしれない「道の駅 白龍城」に寄ることにしました。

道の駅あいおい白龍城(ペーロンジョウ)公式ホームページ
https://peironjo.jp/

土曜日ということもあり結構車は止まっていました。目的が充電なので先にEV充電器に向かいました。もしも先客がいればご飯を食べた後で充電となるのでとりあえずは偵察です。

幸い先客がいなかったので先に充電をすることにしました。このタイプだと有料充電器かな

 

充電器だけを見ると有料にも見えるのですが、使用してくださいとビジターカードが設置してあるので無料なのかと思いビジターカードをタッチしたところ

「未登録のカードです」

という表示が出た為、手持ちのZESP3のカードにて充電を開始しました。ただ私の契約はシンプルプランですので外で充電すると非常に高額です。その為10分で充電を切り上げ45%→68%です。10分550円なのでかなりの割高です。ただ滅多に充電をしないのでプレミアムプランを契約するよりもシンプルプランの方がコストパフォーマンスが高いです。

10分なのでギリギリまで充電した後で道の中のお食事所に移動しました。他の方も多くいたので写真撮影は断念したのですが、窓際の席に案内されれば海を見ながら食事することが可能です。

この辺りは牡蠣が有名なようであちこちで牡蠣のアピールがされているので今回は相生産 牡蠣とじ丼を食べました。\157円追加することで味噌汁をミニそばに変更出来たのでミニそばにしました。正直、牡蠣の味、量のともに満足できるレベルでした。

「えきそば」がありますがかなり価格も安く驚きます。もしもあちこちで色々なものを食べたいということであれば「えきそば」の牡蠣えきおそばをおススメしておきます。

残念ながらここでは、そこまで充電できていないのですが、適当にドライブしながら面白いものを探すことにしました。

近隣には「海の駅 しおさい市場」 http://uminoeki.com/

というものがあったんですが夕方にはほとんど終わってしまっていたので来るなら午前中くらいには来ないと時間がありません。
また時期的に11月から4月くらいの間なら牡蠣食べ放題、一本まるごと牡蠣泥棒(1月~2月 数量限定)というのもあったので時期を考えてくれば楽しめそうです。
グルメ旅ではなく、たまには日産リーフで長期よりを走るという趣旨なので次回来る時にはしっかりと下見と予定を決めてくることにします。

 

今回使用した充電スポット

私の中で使い物になるというかインフラとして信用できるのが

日産ディーラーの急速充電器
日産のディーラーに関しては24時間の急速充電が可能です。料金的に安いわけではありませんが24時間利用可能でかなりの数が存在するのでこれなしでは電気自動車(EV)に乗ることは考えられないぐらいです。

イオンに設置してある急速充電器です。
Waonの電子マネーでの支払いしかできませんが急速充電30分で300円です。ZESP3シンプルプランで30分充電した場合は1650円なので6分の1以下の費用となります。欠点は24時間の利用ができないところですが、このお得な料金は充電を目的に来店することを期待してのサービスの一環なので当然と言えば当然でしょう。そしてイオンの場合は普通充電器も完備されているのでご飯を食べるついでに少し充電したいという場合は10分で120円です。もしもZESP3のプレミアムプランなら無料になるのもポイントが大きいです。
集客が目的なので閉店時間までの利用ができるわけではないので注意してください。

ZESP3シンプルプランの契約者

自宅に充電環境があり、外で充電することが基本的にないという人であればおそらくはZESP3のシンプルプランを契約している人も多いと思います。

3年縛りでプレミアムプランだと10回100分相当の充電が含まれますが、月額で\2750円です。シンプルプランとの差額は¥2250円になります。これはシンプルプランでの10分充電4回分に相当するので自宅に充電環境がある人なら頻繁に遠出をしないかぎりは必要ないかもしれません。
ただZESP3のプレミアムプランは普通充電が無料なので、自宅のすぐそばにニトリやイオンなどがあり日常的に普通充電が可能であれば契約しておけば自宅の電気代を節約することができます。

まとめ

今回、遠出をする時に思ったのですが。ZESP3のシンプルプラン契約者が長距離の遠出をする時にはイオン系列、市役所、道の駅に設置してある無料、もしくは格安で充電出来る急速充電器を事前に調べておくと安心して長時間の充電が可能です

実際に今回200㎞ぐらいを走りましたが、イオンの急速充電器300円30分、道の駅10分550円と850円を使用しました。実際には道の駅550円の充電しなくても大丈夫だったので本来は300円で往復できたことになります。それでも今回、イオンの急速充電器が使えなかった場合は1650円と正直、ガソリンとあまり変わらない燃費(電費)ということになってしまいます。
こういったことを考えると充電インフラの整備は個人への金銭的負担軽減にもつながるのはもちろんですが、遠出をしようという動機につながるような料金設定にならない限りは

週末など車を使用して長距離外出の減少

 

車を必要とない考えの人が増える

そういったことが考えられます。そうなってくると「車が売れない」「観光地が寂れる」といったことが起きています。高速道路の無料化、高速料金の値下げが観光地の活性化につながるように遠出につながる動機付けはも地域や観光地の活性化につながります。

現状では充電インフラの整備が第一優先で価格についてはこれからかもしれません。しかし充電の設定価格を誤ると色々な業界が潰れる可能性がでるくらい重要な問題だと思います。

 

※補足

「道の駅みつ」から見た山ですが。斜面にはかなり不安定な感じで太陽光パネルが設置されています。正直、その下にある駐車場には絶対に車を駐車したくないレベルです。再エネには賛成ですが、こういったものには大反対です。