日産リーフ(購入後)

旧型リーフに1ヶ月乗ってみてのレビューです。

旧型リーフに1ヶ月乗ってみてのレビューです。

※私のリーフは中期型の2014年式24kwh

私の利用状況としては片道16㎞。往復32㎞ぐらいの通勤距離となります。なので約3日から4日に一度自宅での充電が必要になります。
中期型24kwh 11セグの私のリーフの航続距離ですが
80%充電で約110㎞
100%充電で約160㎞

といった感じです。80%と100%の差が激しいんじゃない?と思われるかもしれませんが80%充電の時は走り始めると最初だけバッテリーがぐんぐん減ります。もしかするとバッテリーの劣化のせいでそうなるのかもしれません。ちなみに私のリーフは11セグ SOH84.3%というバッテリーコンディションになっています。

航続距離に関して

航続距離ですが、意外と距離が走れます。日常生活で一度に100㎞を超えて走ることは、ほとんどありませんし、遠出をする場合でもリーフに搭載されているEV専用ナビで充電スタンドを事前に調べておくことで遠距離も可能です。NISSANなどの急速充電器で30分充電せずに10分充電するだけで50kmは走れますし目的地や休憩場所に充電スタンドがあればこまめに充電することも可能です。リーフに乗るまでは気づかなかったんですが意外とあちこちに充電スタンドは存在します。ただ必要がないので気づかなかっただけです。

乗り心地に関して

エンジンを使わない完全モーター駆動のみの車両なので音は非常に静かで振動もありません。走る時もタイヤノイズと風切り音だけで恐ろしく静かです。

性能に関して

動力性能に関しては満点です。普段はバッテリーの持ちを気にしてEcoモードでしか乗らないんですがEcoモードを切って乗ると恐ろしいほどの加速性能です。アクセルを踏んだ瞬間から加速度的に加速するんですが恐らくは信号からのシグナルダッシュでも250ccぐらいのバイクになら完全に勝ってしまうんじゃないでしょうか…
EVということで加速に不満があるどころか完全に満点です。

 

充電に関して

ZESPの改悪によりZESP3ではコストパフォーマンスが非常に悪くなりました。それを考えると自宅での充電環境は必須と言ってもいいと思います。

1時間で3kwhで完全に0%だとしても3kwh×8時間で24kwhとフル充電できます。実際には0%からの充電はあり得ないので約30%残っている状態から80%の充電と考えると4時間ほどで充電は完了します。
また中期型以降はタイマー充電機能を装備しているので帰宅時にケーブルを繋いでおけば安い深夜電力での充電が可能なのでコスト的にもお得です。

最終的な感想

私は購入して非常に満足です。ガソリンスタンドに行く必要もなくガソリン代もかかりません。日常の足として使用する限りは自宅以外での充電をする必要もなく普通のガソリン車と同じように使えます。もともとの値段が高いこともあり、内装もグレードが高く乗り心地もよいので、私の使い方なら良いとこだらけでガソリン車には戻れないぐらいです。
旧型リーフから新型リーフに乗り換える人も多いのも納得です。
私も乗り換えて一ヶ月くらいなので一番厳しいと言われる冬をまだ経験していませんので、冬を経験すればまたレビューをアップしたいと思います。